今回ご紹介した「注目集まる「マーケットデザイン」:欧米の制度設計で適用」が、日本経済新聞「経済教室」に掲載されたのは2008年6月5日のこと。2007年にプリンストン大学からPh.D.(博士号)を取得し、最初の職場となる政策研究大学院大学に帰国してから、ちょうど一年近くが経過した頃でした。プロの経済学者として、一般向けのメディアで執筆させて頂いた初めての本格的な論考になります。

 七年前のことなので詳しくは覚えていませんが、この記事をきっかけに新聞や経済誌、出版社といった活字メディアの方からお声がけ頂く機会が一気に増えたように思います。改めて、その端緒となる本稿執筆の機会を作ってくださった日経新聞の(当時「経済教室」を担当されていた)H氏に感謝致します。(と同時に、時間的な制約や能力の限界から、いくつものプロジェクトをお断りすることになってしまい申し訳ありませんでした… < メディア関係の皆様)

 まだまだやり終えていない宿題がたくさんありますが、今後もできる範囲で積極的に情報発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!ちなみに、過去に活字メディアに掲載された記事やその草稿のpdfファイルの多くを、こちらにアップロードしています。もちろん無料ですので、気になる記事がございましたらぜひダウンロードしてみてください! 



本稿の中でも登場したマーケットデザインの立役者、アルヴィン・ロス教授の一般向け新刊書です。ロス教授は本稿執筆後の2012年秋に、マーケットデザイン、とりわけマッチング問題に関する学術研究および現実の制度設計への貢献が評価され、ノーベル経済学賞を受賞されました。 本書では、そのエッセンスが一般向けに分かりやすく語られています。日本語訳もすでに出版が予定されているようですが、内容が気になる方はぜひ原著を紐解かれてみてはいかがでしょう?
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr