インセンティブの作法

経済学者 | 安田洋祐 の別ブログ

過去の原稿やブログ記事を加筆・再掲していきます

注目集まる「マーケットデザイン」
欧米の制度設計で適用


日本経済新聞(2008年6月5日)より転載


ポイント
  • 「メカニズムデザイン理論」の実践進む
  • 制度設計,市場の特性見極めが重要
  • 周波数オークションや学校選択制で成功

 2007年のノーベル経済学賞がメカニズムデザイン理論の確立に対してレオニード・ハーヴィッツ米ミネソタ大名誉教授,エリック・マスキン米プリンストン高等研究所教授,ロジャー・マイヤーソン米シカゴ大教授の三氏に授与されたことは記憶に新しい.現在,このメカニズムデザイン理論の現実への実践である「マーケットデザイン」という新しい分野が注目を集めている.  

 伝統的な経済学は,経済制度を与えられたものとして捉え,その機能や帰結の分析に力を注いできた.分析対象の中心となったのは,完全競争市場と呼ばれる理想的な市場だ.完全競争市場においては,弱い技術的な制約のもとで効率的な資源配分が達成されることが知られており,これが「市場に委ねればうまくいく」という消極的な姿勢を生み出してきた.完全競争市場を離れると様々な市場の失敗が起こるが,それらを克服して市場の質を改善するための統一的な分析手法は知られていなかった.長きにわたり経済学は「受け身」の学問であったのである.  

 一方のマーケットデザインでは,経済制度は与えられるものではなく一から設計するものとして捉える.その理論的な背景であるメカニズムデザイン理論は,想像上のものまで含むありとあらゆる経済制度を統一的な視点で分析する方法を提供した.これにより,完全競争市場を離れた制度の設計が可能になったのだ.現実には完全競争市場は存在しないし,どの二つとして同じ市場も存在しない.現実の市場をうまく機能させるためには,個々の市場の特性に応じたルールの整備や微調整といったマーケットのデザインが必要なのである.  

 経済学研究の本場米国では,既にマーケットデザインが様々な市場において実践されている.その代表的な成功例が電波周波数帯市場の制度設計である.1994年よりスタートしたFCC(連邦通信委員会)による電波周波数帯オークションでは,米スタンフォード大学のミルグロム,ウィルソン両教授らが考案した「同時競り上げ式オークション」という方式が用いられている.  

 オークションでは,個々の入札者が自分の評価額に応じた適切な入札を行うことで効率的な配分が達成される.複数の周波数帯を同時に売りに出す電波周波数帯オークションではこの評価額の計算が難しく,適切な入札行動をいかにして導き出すかが課題であった.マーケットデザインは,この問題を解決する現実的な手段を提供することに成功し,効率的な電波の配分と莫大な収益という果実をもたらしたのである.  


【参考文献】
オークション 理論とデザイン
ポール ミルグロム
東洋経済新報社
2007-11

理論家・実務家として名実ともにオークション分野を牽引するミルグロム自らが著したオークションの大学院向けテキスト。理論が中心の難解な専門書だが、1章で彼が直接手がけた周波数オークションなどを中心に、現実の制度設計に関しても細かく言及している。

 本ブログのタイトル「インセンティブの作法」は、『週刊 東洋経済』誌上で、2012年10月から月に一回、トータルで一年間十二回にわたって(リレー)連載させて頂いたコラムの名称から取りました。【注】 なかなか素敵な名前だと思いませんか?(と、担当編集者のYさんからヨイショしてもらって当時は悦に入っていたのですが、あの言葉が真実の表明だったのかは今もって謎…)

 「お小遣いルールに学ぶ制度設計の経済学」はその記念すべき一回目の記事になります。情報の非対称性インセンティブの非対称性は(経済学が扱う)制度設計問題の肝。この2つの非対称について、お小遣いをモチーフに分かりやすく説明しようと頑張ってみたのですが、地味な内容が災いしたのか反響はほぼゼロ…><(連載初回だったのに!)

 経済学者にとってはインセンティブの非対称性は言及するまでもない問題点(インセンティブの方向性が完全に同じであれば、そもそも問題が生じない)なので、きちんと明示的に説明されることが意外に少ないような印象があります。この記事では、重要だけど忘れがちなインセンティブの非対称性を情報の非対称と併記した(後者はきちんと言及される場合が多い)ことが工夫だったのですが、これもおそらく気が付かれていなかったかもしれません。

 さて、本ブログのタイトルこそ「インセンティブの作法」にしてみたわけですが、今後は東洋経済での同名コラム とは異なる記事も(というか、むしろそちらが多数になる予定です)どんどんご紹介していく予定です。どうかご期待ください!


【注】 私に加えて、マーケティングの水越康介氏、政治学の砂原庸介氏、歴史学の與那覇潤氏の若手研究者4名で、週代わりのリレー連載を行っていました。



水越さんは連載記事の書籍化一番乗り。さすがに仕事が早い!


民主主義の条件
砂原 庸介
東洋経済新報社
2015-03-27

同じくリレー連載の記事を下にした砂原氏の近刊書。タイトルがかっこいい!



実は中高の同級生でもある與那覇クン。連載記事は書籍化していない(ハズ)。でも、『中国化する日本』がたくさん売れて本当に凄い! アカデミアの外の人たちにも紹介できる、自分の代名詞的な本があるのはちょっぴり羨ましい(笑)「お前も書け!」と言われそうですが、なかなかそのための余力と時間が…(反省) 

  • 蓼食う虫も好き好きのインセンティブ
 ところで、経済学では個々人が(好みや基準がどうであれ)本人にとって望ましい選択を行う、と考える。この大前提を、「各人はインセンティブに従って行動する」というふうに表現する。本連載のタイトル「インセンティブの作法」とは、経済学の作法そのものなのである。  

 インセンティブは、金銭的な動機という狭い意味で使われることがあるが、実は金銭換算できないリターンやコスト、心理的な影響なども含む。「蓼食う虫も好き好き」で構わない、という点に注意してほしい。  

 話を制度設計に戻そう。実は、インセンティブや情報の非対称性は、経済学が古くから得意とするテーマだ。特に制度設計に関する問題は、メカニズムデザイン理論という分野で1970年代以降、精力的に研究されてきて、2007 年には、この分野のパイオニアたちにノーベル経済学賞が授与されている。  

 近年では、電波オークションの仕組みや研修医のマッチング制度、学校選択制など、現実の制度設計にその学術成果が役立てられている。ともすれば机上の空論と揶揄されがちな従来の経済学に対するイメージ(これは、エキサイティングで実用性の高い中身をきちんと伝えられていない私たち学者の責任なので反省……)に反して、メカニズムデザイン理論の考え方は着々と実践され、徐々に世の中を変えつつあるのだ。  

 この強力なツールをどう活用していくか。それは、社会や経済の仕組みをうまくデザインしていくうえでのカギを握っている
 

【初出】

 

【参考文献】

オークションやマッチングの制度設計について扱う「マーケットデザイン」の入門書。新書とは思えないくらい記述が丁寧、そして正確。この分野を勉強するはじめの一冊として激しくオススメ!